売れている保険営業マンの秘密

160107 保険営業

売れている保険営業マンの秘密・・・

もしあなたが保険の営業マンなら、まずこの話は聞いておいてください。

保険の営業は他の業種の営業とは少し毛色が違うようです。例えば、車の営業の場合なら、対象となるお客さまは、既に「車が欲しい人」の場合がほとんどですね。「通勤に車が必要になった」「車が無いと不便な地域に引っ越した」「就職したから念願の車をゲットしたい」など、既に車を買いたいという状態にあることが殆どです。

「あなたには車が必要ですから、買った方がいいですよ」などと言って車を売る営業マンは殆どいないでしょう。ですから、車の営業マンは、車の購入欲求がある人に対して、いかに自分の売りたい車を買ってもらうかということになります。

ところが、保険の営業は違いますね。

もともと保険が必要だと認識しているお客さまなら、いきなり保険の内容をプレゼンできるのでよいと思います。ですが、普通に生活していて何もないのに、保険の必要性を感じている人は多くはいないと思います。要するに、生命保険が必要だから契約するお客さまはいないということです。

生命保険はもしも必要になった時のために事前に加入しておくもの。必要な時になって加入することはできないわけです。興味がない(必要性を感じていない)お客様に対して商品の特徴、価格、他社との違いなどをいくら説明したところで契約にはつながらないですよね。ですから、生命保険の営業の場合は他業種とは違って、まずは生命保険の必要性を十分に説明しなければなりません。そして必要性を理解して頂いて初めて、生命保険の説明を始めることが出来るのです。

今現在、全く必要性を感じていない人にも売る必要がある、という点で、他の業種の営業よりも難しいと言えるでしょう。では、保険営業が上手い人とはどんな人なのか?

まず、多くのアポイントを取ることができるということ。アポイントが取れなければ、保険の必要性やその内容についてお話することができません。どんなによい内容の保険であってもそれを紹介できないのです。ですから、アポイントを多く取れる営業マンが、売れる保険営業マンになるための第一歩ですね。

さて、ではどうやってアポイントを取っていくのか? 紹介してもらえる人脈をたくさんお持ちならいいのですが、人脈もない、テレアポは苦手、という人はどうしたらいいのか? そういう人は保険営業に向いていないのでしょうか?

実はそうばかりとは言えません。もし、保険営業のアポイントでお悩みなら、この新しい方法を試してみるとよいかもしれません。その方法とは、一般的なテレアポのお話ではありません。

それは、インターネットを使った方法です。この方法なら、面倒で気の引けるテレアポと違い、精神的にも煩わしい集客から解放されます。しかも、アポイントを取る時点である程度必要性が理解されているのです。そこまでやってもらえたなら、あなたは誠実に、自分のお勧めできる保険の内容を説明するだけ。そんな状態も作れると思います。

インターネット上にホームページを作ってそれをお客様に見て頂くだけで、保険の必要性の説明をした上で、アポイントをとることができるのです。これで、営業のお仕事の半分以上は終わってしまうのではないですか?

しかも、インターネット上の営業マンは、24時間休まずに働いてくれます。文句は言いません。アポイントから、必要性の説明まで。この範囲をインターネットでカバーできたならどうですか?理想的ではありませんか?

もし、こんな状態を作りたいなら、今すぐあなたならではのオリジナリティーあふれるホームページを作ることです。そしてあなたとあなたの商品をできるだけ多くの人に分かって頂き、多くの人に見てもらいましょう。

レポート請求バナーe大手では真似できない、集客できるホームページの作り方があります。具体的なご相談はまず、こちらからお気軽にご相談ください!

区切り線※私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。
*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です