ホームページを作っても反応がないときの3つのチェックポイント

ホームページ 3つのポイント

ホームページを作っても反応がないときは・・・

ホームページを作ればすぐに反応があるんじゃないかって、期待してしまいませんか?でも、期待に反して全然反応がない、ということがあります。ホームページで反応が取れないのはなぜでしょう?

ホームページで反応が取れないという場合には次の3つのパターンが考えられます。

1つ目

ホームページを適当に作っただけで、誰からも問い合わせが来ないと嘆いている。これは、ホームページからどういう経路で集客に繋げるのか分かっていないために起こる誤解ですね。そもそも作っただけでは反応がなくても仕方がないのです。どうやって多くの人に見ていただくのか?というところが考えられていないから、全くと言っていいほど見てもらえてない。そういうことがまず考えられます。

2つ目

他社(特に大手)と同じようなやり方で、同じようなホームページを作っている。特に、会社案内のようなサイト構成がそうです。この場合には、圧倒的に知名度が足りないので、あなたの会社に興味を持ってあなたのホームページに入ってきた人にしか見てもらえないでしょう。何の会社なのか、どんなサービスを扱っていて自分の役に立つのか、一目で分からないから、すぐに他のページに逃げて行ってしまうことが考えられます。

3つ目

ホームページの内容の問題です。あまりにもお客さんの感情や思考とかけ離れている場合、お客さんは問い合わせしたいとも思わないのです。デザインがおかしかったり、書いてあるコピーが惹かれる内容になっていない、などです。

問題は、この3つ目のパターンなのですが、実はこの勘違いを、殆どの会社がしているといいます。ホームページを出している会社は、商品の品質と価格をアピールすれば良いと思っていることが多いようです。でも実は、お客さんはそういう見方をしていません。

ではお客さんは、ホームページをどういった観点で見ているのでしょうか?

お客さんはホームページをパッと見たコンマ数秒の瞬間に、じっくり見るかどうかを決めているのです。しかも感情レベルで。「見たい?見たくない?」 と脳内ですさまじいスピードで決定するわけですね。商品品質云々まで考える以前の問題なのです。

ですから、ホームページの勝負どころは、商品品質や価格ではなく、見たときに、惹きこまれるかどうか?そしてお客さんの感情・思考とマッチするか? ここがポイントですね。

この記事のまとめ

  1. ホームページの反応がないのはお客さんの感情・思考にマッチしていないから
  2. 逆に、お客さんの感情・思考にマッチしたときに反応は飛躍的に上がる
  3. 反応を上げるためにはホームページを見た瞬間が勝負である
  4. そのために、そこに何が見えるか、何を書いてあるか? がとても重要なキーポイントである

お問合せ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です