ホームページ作りに迷うときにはこう考える

ホームページ制作 迷う

ホームページ作りに迷うときにはこう考える

ちょっと想像してみてください・・・

もしあなたが、家族を連れて食事に出かけるとしたら、

  • ホテル並みのリッチな高級レストラン
  • 普通で気軽なそこそこのレストラン

どちらを選びますか?

もう少し具体的に言いますね。

一方は、高級ホテル並みにリッチで、かなり鍛えられた料理人がいる。でも、注文が決まってもちっとも、ウェイターが伺いに来ない高級レストラン。

一方、一見外観も普通で他の店と変わりばえしない。でも、常に機をみて、店長が声をかけてくれて、好みの味付けをしてくれるレストラン。

どちらに行きたいと思いますか?

本来は、高級なお店に家族を連れて行って鼻高々になりたいあなたでも、前者のような“高級”レストランならどうでしょうか? お腹をすかせて、おいしいものを食べに期待を持ってやってきたなら、完全に期待を外されてしまうでしょう。

では後者の、気軽なレストランはどうでしょうか?レストランで店長が気遣いを見せておもてなししてくれるなんてちょっと想定外。嬉しいと思いませんか? 

このように、いくら名の通っていて高級感のある佇まいだとしても、ちゃんとおもてなしされてないと感じたら、行きたいと思わないのではないでしょうか?

逆に、見かけは普通のお店だけれど、お客さんに合ったちゃんとした心遣いをしてもてなしてくれると感じたなら、そちらに足を運びたいものです。

実は、ホームページ制作でもこんなことが起こっていると思います。

例えば、比較的実績があって、綺麗なホームページの実例を揃えている制作業者だからと、それに惹かれ制作を依頼します。それで確かに綺麗なページができるかもしれません。高額なお金をかけているのだから。

でもこれ、上で言った高級レストランと似たようなパターンになることが多いと思います。なぜなら、数をたくさん手がけている制作業者は、形を作ることには長けているけれども、一件一件のお客さまに合わせて作るオリジナリティーは出さない(出せない)と思うからです。

つまり、厨房の奥で型どおりの”美味しい”料理を作り、ウェイターが運んできて、決まったセリフを言って差し出すレストランと同じなのです。

制作担当者が型どおりの”キレイな”ホームページを作り、営業担当者が決まったセリフ「いいホームページができましたよ」と言って納品して終わり。

一人一人のお客様に合わせて料理をアレンジするなんてことはまずないでしょう。

ホームページ制作でも、一件一件にそういう手間をかけることは、大手にとっては避けたいことなのですから。納品して終わりか、サポートといっても、顧客側から、どこをどうしたいという申し出をしないと修正もしないのではないでしょうか?

そう考えたとき、個人起業や小規模な店舗などで、そのような型どおりの対応で作られたホームページが成果を出せるでしょうか? 

見た目キレイでも、あなたならではの魅力が表れていなければ、お客様が選ぶ理由が見つからないのです。

ですから、そのようなホームページにたくさんの費用をかけても、それに見合った効果を出すのは相当困難なことだと思います。特にあなたのような小規模ビジネスには、しっかりと自社の個性を出したホームページが必要だと思います。

そのためには、第1ステップとして、まず、あなたの商品にある強みを洗い出す必要があります。ホームページの制作は、まずそこからが始まりなのですから。

迷ったときにはまずこの第1ステップに立ち返って考えてみましょう。


集客に特化したホームページ制作についての
お問合せ・ご相談は、こちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です