集客のためにコレだけは自分でやってはいけません

無料 ホームページ

自分でホームページを制作しようとしていませんか?

無料だからとか、格安だから、という理由でホームページを自分で作ろうとしていませんか?趣味の範ちゅうならまだしも、仕事で集客に使いたいと本気で考えている場合はやらない方が身のためです。

それはなぜなのか?まず、無料でホームページを作るリスクについて理解しておきましょう。

無料でホームページを作るとすれば、いろいろなことを自分でやらなくてはなりません。作るだけならそうでもないかもしれませんが、集客用ホームページとなれば、簡単ではないですね。もしあなたが個人事業者であれ、経営者ならば、自分でホームページを作るとすれば、大きなリスクを伴うことを覚悟した上で取り組む必要があります。なぜなら、ホームページ制作には莫大な手間と時間がかかるから。

すでに事業を営んでいるあなたが、ホームページを作る時間を取れるでしょうか?それに費やしている時間はおそらくリスクとなります。特に個人事業の場合、経営者自身がホームページ制作に時間を費やしている場合ではないと思いませんか?

例えば飲食店なら・・・目の前のお客さんへどんな料理を食べていただくのか?どんなサービスをしていくのか?日々研究を重ね実践していかなくてはならないはずです。食材を吟味したり、仕入れるのに、最も注力しなければならないのではないでしょうか?それなのに、ホームページを、無料だからと自分の時間を使って制作の作業をするのは現実的でしょうか?

ホームページをどういう位置づけにしているかによりますが、もし、集客効果を継続的に求めているのなら、無料のサイトを作っただけでは難しいと考えるべきです。無料には、無料のわけがあるのですから。例えば、もっとも人気があると思われるブログは何でしょうか? なんと言っても、アメブロですね。アメブロは無料ですが、無料で使うと広告が表示されますね。

あなたも経験がありませんか?ブログを読んでいたら、興味を惹かれる広告がでてきて、ついついクリックしてしまったということが。ヤフーなどのポータルサイトもそうですね。魅力的な広告が、あなたを誘ってきます。そしてそしてそれをクリックして、最初の目的とは違うサイトへ・・・

こんなことが、あなたのホームページでも起こってしまうのです。せっかく見に来てもらったホームページから、他のサイトに流れてしまったら、二度とあなたのページに戻ってくることはない、ということが起こるのです。あなたのホームページを集中して見てもらうためにも、このような、他者のバナーが出るような作りは避けたいところです。それだけでも、無料で作れるホームページにはリスクがあると理解して頂けたかと思います。

そして無料のホームページの最大の欠点とも言えるのが、自分のメディアではない、ということ。自分の記事、コンテンツ、商品などを載せてはいるものの、あくまでも借り物だということ。すなわち、運営業者が撤退などすれば、サイトの継続ができなくなってしまうということなのです。これの意味することが分かりますか?

長い時間をかけて内容を充実させ、そこそこお客さんをホームページから取れるようになったとしても、運営事業者が「やーめた」といって運営をやめてしまえば、全てがパーになってしまうのです。恐ろしいことですね。

ここまで読んだだけでも、無料ホームページ制作サイトのリスクが理解できたのではないでしょうか?ホームページも自分のビジネスにおける資産と考えれば、自分でコントロールできる作り方をした方がよいと思いませんか?


集客に特化したホームページ制作についての
お問合せ・ご相談は、こちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です