WordPressのホームページ修正作業で失敗しないために・・・

Wordpress 修正
Atsushi
WEBディレクターの”Atsushi”こと磯部敦史です。
今回は業者に依頼して作ったWordpress(ワードプレス)のホームページ修正作業で起きた問題についてお話します。

Mさんは、会社でホームページ担当者になっています。制作は外部の制作会社に依頼し、新着や更新機能のついたWordpress(ワードプレス)のページを自分で更新しています。

運営している中で、固定ページについてテキストをちょっと直したり、画像を入れ替えたりしたいと思うようになりました。ですが、制作会社の担当者はレイアウトが崩れるから固定ページについては文字修正もしないでくださいと言っているそうです。

修正を依頼すると一文字修正でも都度料金が発生するので、テキストの修正くらいは自分で対応したいのですが、どうすればいいのか、悩んでいます。

さて、ワードプレス(Wordpress)について、もしかしたらあなたも同じような悩みお持ちかもしれません。ですからこの疑問についてお話します。

WordPressで固定ページを少しくらいいじるだけなら、ご自分でも可能です。ただし、制作会社の方で、複雑な作り方をしている場合は注意が必要です。

実際にあった例ですが、Wordpressのアップグレードのために更新作業をした時に問題が発生したのです。ワードプレスは常に細かなバグを修正したり、セキュリティ面を向上したり、新しい機能を追加したりなどの目的で常にバージョンアップをしています。

当然のように、そのWordpressサイトもアップグレードのために更新をしました。ごく普通にです。(ちなみにいつまでも更新しないと、更新が溜まっていますよ、という数字が表示され続けます)

ところが、ある業者に制作してもらったそのホームページでは、更新によって文字崩れが発生したのです。ただ更新しただけでです。制作業者からは、そういった説明は受けていませんでした。後の祭りとでも言えばいいのでしょうか?

こういうことに対して依頼者は正直、なす術がありません。その制作会社に修正を依頼するしかないのです。

ですがWordpressの更新は比較的頻繁に発生します。そのたびに修正依頼するのではかないませんね。ですから、このようなトラブルに遭わないためにも、ホームページの制作を依頼する先は、よく考えた方がいいと思います。

ただし、固定ページの修正などは、しっかりとした目的意識を持って行わないと、逆効果になることもあり得ます。文字やレイアウトが崩れてしまってはホームページが台無しです。ですからあながち冒頭でお話したMさんが依頼した業者の言うことは分からないでもありません。固定ページは常に表示されるあなたのお店(会社)の看板のようなものですからね。

これらのことを考えたとき、修正に関してのアドバイスを含めたしっかりとしたフォロー体制がある。そんな依頼先を見つけたいところですね。

この記事のまとめ

  1. WordPressでは、固定ページのちょっとした修正なら自分でも可能である
  2. ただし、依頼した制作会社が複雑な作り方をしている場合は注意が必要
  3. 最初に難しい作りをしてしまうと、後で修正のたび業者に依頼することになる
  4. 制作の段階で後々のフォローについて確認して望ましい業者かどうか判断する必要がある


集客に特化したホームページ制作について、
お問合せ・ご相談は、こちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です