ホームページからお客さんが来ないときはココを疑え

ホームページ 間違い

ホームページからお客さんが来ないときはココを疑え


ホームページを持っているけれど、反応が無くてお客さんが来ないと悩んでいませんか? ホームページからお客さんが来ないという場合には、ある間違いをしてしまっているかもしれません。

1つ目の間違いは、ホームページを制作会社に依頼して作っている場合の間違いです。制作会社に依頼しているのにホームページからの反応がないという場合は依頼先を間違えている可能性があります。依頼先のホームページ制作会社のゴール設定が間違っていると考えられるのです。

では制作会社の立場になって考えてみましょう。ホームページ制作会社の中には、綺麗で見栄えのいいサイトが得意な制作会社、大規模なサイトを作るのが得意な制作会社、シンプルなサイトを作るのが得意な制作会社、などいろんな会社があると思います。それぞれの会社がそれぞれのポリシーを持って制作していると思います。ですが、ホームページ制作のその先にあるゴールは何か?というのがとても重要なのです。

例えば、綺麗なサイトを作るのが得意なホームページ屋さんの場合、綺麗に作ることが目的(つまりゴール設定)になっている場合が考えられます。ホームページの見栄えという形に囚われてしまっているのです。ですから肝心な、お客さんを呼ぶという意味では効果が無いサイトになってしまうことが考えられるのです。これは、大規模なサイトが得意な制作会社であっても、シンプルなサイトが得意な制作会社であっても同じなのです。要は、ホームページを作る目的からずれてしまっているということです。このように、制作業者のゴール設定が何であるかによって、反応の取れるサイトになるか取れないサイトになるのかが決まってしまうわけですね。

あなたが依頼している制作会社がこのようにゴール設定を間違えている業者さんなら、成果が上がらなくても当然なのです。まるで芸術作品のようなサイトが出来上がったことで制作者も依頼者も満足している、ということになりますから。

二つ目の間違いは、自分で制作している場合の間違いです。自分でホームページを制作するという場合、無料のテンプレートを使って制作することが多いと思います。そして、自分で作り上げて形ができたと満足してしまっているパターンです。この場合、まあまあ見られるサイトを自分で作り上げて、自己満足に陥っていたりするわけですね。しかしこの場合でも、ゴール設定は「ホームページを自分で作ること」であって、作ったサイトからお客さんを集められるように考えられていないわけです。

では、あなたがホームページに求めているのはどんなことでしょうか? お客さんを集めることではないでしょうか?

ところで、ホームページの目的は、会社の規模や種類によって違うかもしれません。例えば、トヨタやユニクロなど、名の通った一流企業では、ホームページから(メインに)集客することを考えているでしょうか?実際に確認したわけではないのではっきりとは言えませんが、あれくらいの会社では、商品紹介や、株主向けの情報などがあればいいのかな、と思います。

集客、という面では、ニュースやメディアが勝手に宣伝してくれます。だから常に注目されていますよね。新規商品(新型車)を出し続けるだけで話題になってくれるのです。週末にチラシを入れておけば、お店に行列を作ってくれるのですから。だから最初にホームページでお客さんを動かす必要性はさほどないのかな、と思います。

自動車メーカーのホームページなどは、お客さんが気になっている車のスペックなどの情報を集めに行って、購入の気持ちを固めてもらうのには効果があるかもしれません。ですから、その手の情報を載せておけばよいわけですね。

でも、名の通った会社のやることと、世間からまだまだ認知されていない小さな会社がやることでは、自ずと違いがあるはずです。小さな会社や店舗では、ホームページの目的はズバリ集客だと思います。それ以外の目的でホームページを作ることはムダ以外のなにものでもないと思います。

ですから、小さな会社・店舗に適した、集客につなげるホームページを最初から意識して作る必要があるのです。そうであれば、制作を依頼する先は、集客を意識したホームページ作りをしてくれる業者さんであることが重要です。

ホームページはどこに依頼しても同じではないという理由が分かっていただけたでしょうか? 集客できるホームページを作るためには、制作依頼先を間違えないことですね。


集客に特化したホームページ制作についての
お問合せ・ご相談は、こちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です