ホームページを作ってから後悔しないための注意点

ホームページ 後悔しない

ホームページを作ってから後悔しないために

ATSUSHI
ホームページ制作ナビゲーターの”ATSUSHI”です。これから自社のホームページを作ろうと考えている個人事業主の方向けに、使えるホームページを作るために注意すべきポイントをお伝えしていきます。

お話の相手は、静岡の片田舎で治療院を経営している岩山さんです。岩山さんは長年にわたり独自の施術で患者さんの症状を改善してきた、私から言わせるとゴッドハンドを持つ治療家です。私もしばしば体調が悪い時にお世話になっています。

岩山さんは、施術は素晴らしいのに、それを伝えるためのホームページを持っていません。ホームページを作りたい思いが強いのですが、この分野では全くの素人です。自分で作ろうと試みましたが上手くいっていません。そこで大手のホームページ業者に制作を依頼しようかと悩んでいました。なんの知識も無いまま制作を依頼しようとしていたのです。

私はお付き合いの関係上、岩山さんに後悔させてはいけないと思い、声をかけさせてもらいました。岩山さんとの会話を通じて、ホームページの制作で後悔しないためにはどうするのがいいのかナビゲートしていきたいと思います。

岩山さん
よろしくお願いします!!
ナビゲーターATSUSHI
岩山さん、せっかく自分のホームページを持ったとしても、誰にも見られなかったら悲惨ですよね?
岩山さん
そりゃそうですよ、見てもらいたいですから。
ナビゲーターATSUSHI
えっ、誰にも見られないなんてことあるの? と、疑問に思うかもしれません。しかし、実際にそういうこともあり得ます。
岩山さん
あり得るんですね。公開すればみんなが見てくれると思ってました。
ナビゲーターATSUSHI
作ったとしてもWEB(インターネット)上への公開の仕方を間違えれば、見てもらえないこともあるということです。ですから、正しい作り方をして正しい公開をすることが大事です。
岩山さん
正しいやり方ねぇ~
ナビゲーターATSUSHI
そもそもホームページは、ただ作っただけでは役に立たないものです。こういうお話は、もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。でもこれは本当のことなんです。
岩山さん
最近マーケティングの勉強をしだしてから聞くようになったけど。
ナビゲーターATSUSHI
それを知らないでホームページを作ってしまって岩山さんが後悔するということないように、これからお話していきたいと思いますので、最後まで聞いてくださいね。
岩山さん
いや~後悔したくないですわ。しっかりとした効果のあるものを作りたいですから。
ナビゲーターATSUSHI
さて、例えば、日ごろGoogleやYahooなどで検索していて出てきたページが「キレイなサイトだな」なんて思うことがあると思います。こんなホームページがあったらいいな、と思ったりして。
岩山さん
あるある。
ナビゲーターATSUSHI
そのようなサイトはオシャレであったり、豪華で目立っていたり、芸術的な作品風であったりするのではないでしょうか。目を引くサイトというのはそういうものが多いように思います。
岩山さん
なるほど、僕はオシャレなサイトに目が行くなぁ。
ナビゲーターATSUSHI
そういうサイトを見て、憧れのような気持ちを持ち、自分もこんなキレイなサイトを作りたいな、と考えたことはないでしょうか。そして実際に、これらと同じようなサイト作りを目標にしていませんか?
岩山さん
あるある。自分のサイトは自慢できるようにしたいものね。
ナビゲーターATSUSHI
こういった考えになる気持ちは分かります。なんか売れそうな気がしますものね。
岩山さん
そうそう、売れるだろうって思います。
ナビゲーターATSUSHI
このような見た目キレイなサイトを作りたい場合、ホームページ制作業者にお願いすればできると思いますよ。でもその場合にはかなりの出費は覚悟しないといけないですね。なにせ、キレイにつくるのだから。
岩山さん
うーん、どのくらいかかるのかな?でもキレイに作りたいなら、業者に頼むしかないんじゃない?
ナビゲーターATSUSHI
さて、ここで疑問に思ってほしいのは、キレイで豪華なサイトなら、モノやサービスが売れるのか?ということです。
岩山さん
売れるんじゃないですか?キレイなだけで目を引きますから。
ナビゲーターATSUSHI
こういうサイトで売っているのは、大企業など、すでに名の知れている大手の場合が多いと思います。これはイメージ広告に近い戦術ですね。
岩山さん
イメージ広告?
ナビゲーターATSUSHI
いわゆるTVコマーシャルと同じで、お客さんにイメージを持ってもらい、店頭などでその商品に意識がいくようにして購入に繋げようというものです。
ナビゲーターATSUSHI
例えば、キレイな女優さんが登場してキレイな素肌を見せながら、「これを使ってこんなにキレイになってます」のような某会社の化粧品や洗顔料のコマーシャルがそうですね。
ナビゲーターATSUSHI
頭の中に、「この洗顔料を使えばあの女優さんのようにキレイになれる」とイメージするのです。そしてスーパーやドラッグストアに行ったときに、そのイメージで買い求めるということも少なくないのではないでしょうか。
岩山さん
あ~それはよくあることです。
ナビゲーターATSUSHI
しかし個人事業でこれから売り上げを伸ばしていこうという段階では、このようなサイトを作って成果につなげることは難しいと言えませんか?

このような戦術は、まさに大企業向けであり、こういうサイトを作った場合、大企業と真っ向勝負しなければならないということですから。

岩山さん
確かに真っ向勝負したら勝ち目はないね。
ナビゲーターATSUSHI
そういう意味でも、わたしたち個人事業には向いていないと言えます。ですから、個人事業の場合は、DRM型で攻める必要があります。
岩山さん
DRM?
ナビゲーターATSUSHI
DRMとは、ダイレクト・レスポンス・マーケティングのことで、それを見たお客さんがすぐに反応して申し込みなどのアクションをとってもらうような仕組みのことです。
ナビゲーターATSUSHI
例えばTVショッピングなどはその部類に入ると思います。魅力的なオファー(例えばセットでお得な価格など)を持ちかけて、「今すぐこちらにお電話を!」とやるやつです。
岩山さん
あーそれ、買いたくなりますものね。僕も申し込んだことありますよ。
ナビゲーターATSUSHI
TVでやらなくとも、ホームページでこのような戦術をとることができるのです。
岩山さん
そうなんですね!
ナビゲーターATSUSHI
先ほどキレイで豪華であればいいわけでは無いと言いましたが、ホームページには、それなりのデザインが要求されます。「デザインがいいサイト」ということと「キレイなサイト」では、同じようなことを言っているようで、少し意味合いが違います。
岩山さん
デザインが良ければキレイなんじゃないですか?
ナビゲーターATSUSHI
そうですね、結果的にキレイなサイトになることは考えられますが・・・。

ちゃんとと見てもらえる、そして購入してもらえるようにするにはデザインはとても大事です。デザインとは、文や画像などの構成のことです。あくまでも、お客さんが行動しやすいように設計されているのが良いデザインと言えるものです。

ですから、いわゆるオシャレとか芸術的なキレイを求めるのではなく、分かりやすいということが第一なんですね。

岩山さん
そういうことか。キレイでもデザインが良くないということがあるということですね!
ナビゲーターATSUSHI
キレイなサイトに拘りすぎてここを見逃してしまうと、作った瞬間は満足度が高くても、反応が取れなくて後悔することになってしまうでしょう。

 

岩山さん
今まで、見た目にこだわりすぎてたかも・・・。
ナビゲーターATSUSHI
ホームページの出来栄えについては、本人の満足ではなく、お客さんの満足が第一だと考えることが大切ですね。
岩山さん
わかります。お客さま目線にならないといけないです。
ナビゲーターATSUSHI
ホームページを持つことが目的になってしまわないことです。とにかく、見てもらえるホームページにするということが肝心ですね。
岩山さん
なるほど、ホームページは自分の所有物で見せびらかすものではないということですね。気をつけるようにします!
ナビゲーターATSUSHI
はい、今回はこれくらいにしておきます。まだまだ使えるホームページを作るためのポイントはありますので次回以降レクチャさせていただきますね!

★見てもらえる、「ホームページ作り方」について、疑問な点など、下記(使えるホームページの作り方』質問コーナー)よりお問い合わせください。分かりやすく解説したいと思います。

『使えるホームページの作り方』質問コーナーへはここをクリック

メルマガ登録

*『DRM型ホームページ制作ナビ』では、役に立ち制作自由度の高いWordPressを使った「使えるホームページ制作」を分かりやすく伝授しています。

ここでの情報は、私の師匠でもあるマーケティングコーチの辰巳さんから日々受けている、その時点で最新の情報を含めた内容を私がまとめ公開しています。この情報があなたにとって新たな気付きとなることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です