最近ホームページからのお客さまが減っていませんか?

ホームページからのお客さまが減っているとしたら考えられる理由は何か?

最近お客さまが減ってきている。特にホームページからのお客さまが...

ということはないですか? もしそうだとしたら、ホームページのスマホ対応ができていないかもしれないですね。もう常識になっていると思いきや、スマホ集客についてまだ理解されていない場合があります。

その例として、「ホームページのスマホ対応」と聞いて、「スマホでホームページが見れるっていうことですよね」とおっしゃる方がいます。確かに、言葉ではその通りなんですが。。。

スマホ集客サイトというのは、ただ、スマホで見れるということではダメなんです。まず、ホームページの目的は何か?考えてみましょう。

ホームページ制作の目的は、そこからお客様を集めることですね。そのためには、パソコン用のホームページをそのままスマホに詰め込んだだけではお客様を集める集客サイトにはなりません。

少し前に、Googleが行ったモバイルフレンドリーアップデートでは、モバイル、すなわちスマートフォンで見たときに、“見にくい”サイトは、検索表示の優先順から落とすということも言われてきました。これは、スマホサイトになっていない場合、検索されたとしても表示されにくいことを意味します。

ですから、逆に言えば、パソコンサイトしか持っていない場合、検索で上位に表示されないということもあり得るわけですね。そうなると、ホームページを持っている意味が薄れてしまいます。

もしかして、前からホームページを持っているが、最近お客さまが減ったということはないですか?

その場合には、ホームページのスマホ対応をされていないからということも充分考えられます。既に、ある種のホームページを除いて、スマホ対応していない場合は、検索したときに上位表示されにくくなっていると思います。特にホームページからの集客に比重をかけていきたいという場合、必ずスマホ対応をすべきだと思います。

自分のサイトがスマホ対応されているかわからないなら、簡単に見分ける方法もあります。ですから、すぐに確認して、スマホ対応になっていない場合にはなるべく早く対応しておくことをおすすめします。

ところで、なぜ、ホームページ制作にスマートフォン対応が必要なんでしょうか?

世の中のホームページを見に来る人、特に検索をしてホームページを見に来る人の大半がスマートフォンからになっているからですね。

例えばあなたが外出した時よく目にする光景があると思います。それは、スマートフォンを眺めていじっている人の姿です。どこに行っても必ず見ませんか?

特に若い層では、パソコンは持っていなくてもスマートフォンは持っているという例が、かなりあるようです。そして若年層はスマートフォンの使い方に長けているけれども、パソコンはあまり使わないという人も多いそうです。パソコンは”使えない”という人も結構いるとか。

早くからスマートフォンを使ってインターネットにアクセスするようになっている若年層は、このパターンが多いと考えられますね。ですから、もしあなたが若年層向けのビジネスをしている場合、この事は見逃すことができない事実だと思います。

日常に根付いたスマートフォン。そこで見やすく表示されるかどうかで、興味を持ってもらえるかもらえないかということに直結するわけです。

最初に言ったように、スマホサイトというのは、スマホで見ることができればいいと
いうものではありません。その制作には、いくつかの気をつけなければならないことが含まれています。ですから、知識がない業者に依頼することは避けた方が無難ではないかと思います。

スマホサイトといえどもホームページです。その目的が集客であれば、その目的に
合った作り込みをしなければいけません。そこをわかった上で制作するのか、表示されていればいいというかたちで作るのか、では、集客の効果は歴然と違ってくるでしょう。

これからホームページを作るという場合も、ホームページをリニューアルするという場合にも、必ずこれらのことを頭において制作を依頼するようにしてくださいね。


集客に特化したホームページ制作についての
お問合せ・ご相談は、こちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です