いつか飛び込み営業をやめたいあなたへ

image

いつか飛び込み営業をやめたいあなたへ・・・・・

ちょっとだけ想像してみてください。

今日から6カ月後、あなたの商品が黙っていても売れ、無理して飛び込み営業しなくてもよくなっていたら...

いかがでしょうか?

あなたは、他社と差別化するためにしていることはありますか?

差別化のためには、より商品(サービス)に付加価値をつけ、他社にないものにする必要があります。

そして、あなたが売っている商品や、とくに目に見えないサービスを買っていただくには、せっかく高めた商品価値を適切に伝えなければならないと思います。

例えば飛び込み営業で訪問した先で、他社との違いをお客さんに認識してもらうのには、本当はじっくりと説明したいものです。

じっくりと説明して、商品(サービス)の価値を伝えることができたとき、はじめてお客さんが購入(契約)するかどうかの判断をすることができるわけですからね。

じっくりとお話するには、時間を充分取ってもらいたいところです。ですが、飛び込み営業先で、そんなに時間をとってもらえるということはめったにないでしょう。

そもそもその前に、現在はお客さんに会うこと自体が難しくなっていると感じませんか?

もともと日本人は営業されるのが苦手で嫌がる傾向があるようです。その上最近は、いろんな詐欺のようなものが出回っていたりするから、初めて会う営業マンの話を聞いてくれるどころか、会うことさえしてもらえないということになっているのかもしれません。

あなた自身もそうではないでしょうか?

初めて会った相手から、いきなり営業トークがでてきたら、ちょっと引いてしまいませんか?

自宅でくつろいでいるときに、営業マンから電話がかかってきて、「今から訪問させてもらってよいですか?」と言われた時に、気持ちよく「どうぞいらしてください。何でも聞きますよ。」などと言う人はいないでしょう。

ましてやいきなり訪問されては・・・

実際、訪問した先の入り口に「営業お断り」、「セールスお断り」等の看板を掲げているのを見ることも多いと思います。

個人宅ではなく、会社への訪問であれば、意思決定ができる人に会いたいのに、受付で断られる。

極端な場合は、受付に人さえいなくて、内線電話で用件を伝えるということもあると思います。

電話営業(テレアポ)でも同じですね。自分の商品を伝えたい担当者や決裁者にはなかなかつなげてもらえません。

営業は数を当たれ、といっても大概がこんな具合だから、なかなか成果は上がらないものです。

100人に会ってやっと、決裁権のある人に会えるという場合もあるでしょう。

そしてやっとの思いで会えたお客さんに、一度であなたの商品(サービス)の良さや他社との違いを伝えて理解してもらえるでしょうか?

理解してもらえなかった時に心が折れずにいられるでしょうか?

でも、この営業を続ける限りは、たとえ断られても何度でもチャレンジしなければなりません。

なんといっても数が勝負だから・・・

しかし、このようなやり方を続けるためには、相当な体力と動じない心を持ち合わせる必要がありますね。

結局は根性論の世界になってきます。

それでも、このやり方でも、6カ月後にはお客さんをたくさん抱えているという手応えがあるならよいと思いますが…….

このままの延長線上でいいのか?について、直近1ヶ月の営業成績から想像してみましょう。

そこそこ結果が出ているという場合は続ける価値があると思うのですが、上手くいっていないという場合は、何か手を打つ必要があります。

今まで結果が出ていないことを続けるのではなく、今のやり方でいいのか、見直してみることも必要ですね?

6カ月後に、あなたのリストにお客さんが一杯書き込まれているために、今すぐするべきことは何ですか?

保険営業