断られる飛び込み営業はもううんざり?

営業 お断り

断られる飛び込み営業はもううんざり?

よい商品(サービス)はある。あとは自分が売るだけだ、と一生懸命自分の営業スキルを磨こうと頑張っていませんか?

よく、営業は量稽古だから、たくさんお客さんを回らないと実力は付かないなどと言いますが、これは本当でしょうか?量は質を凌駕するという言葉があります。やはり、量をこなすことには大きな意味があることは間違いないところだと思います。

ただし、これは、ただ、数をこなせばいいというものでもない気がします。そこから何を得られたのか?が重要。営業マンの場合、ただただ、お客さま候補を訪問し続けることが成果に結びつくのか?本当にそうか?ということを考えてみることも必要ではないかと思います。

訪問の数をたくさんこなした場合のあなたにとってのメリットは何ですか?

確かに、少々のキツイ言葉には動じない度胸?は身につくかもしれません。しかしそれは、相手のことはおかまいなしに踏み込む度胸であって、コミュニケーション能力とは言わないですよね?だからせいぜい、相手に臆せず話せる能力を身に付け、将来、部下を持つ上司という立場になった時、部下に平気でキツイ言葉を投げかけるのに活かせるのかもしれません。

でも、あなたは素晴らしい商品(サービス)を提供する営業マンです。目の前のお客さんに商品(サービス)を売らなければ話にならないのです。相手のことはおかまいなしに踏み込む度胸を身に付けても、相手に受け入れられなくては意味がないのではありませんか?

多くの飛び込み営業経験者は、耐えられず挫折していくといいます。おそらくそれは、自分の望んだ結果と相手のリアクションがあまりにもかけ離れているからではないでしょうか。それでもまだ、飛び込み営業という方法を選びますか?

  • 上司に言われたから・・・
  • 先輩に言われたから・・・

「これをこなしてこそ、本物の営業マンだ」などと言われ、頑張っていませんか?

でも、そんなにまでして営業をしなくても、集客できる方法があるのです。それが、インターネットを使ってオンライン上で営業する方法です。もう一度考えてみましょう。

商品(サービス)とは、何ですか?

商品(サービス)とは、お客さまの問題を解決するためのものですよね?それを考えたら、やみくもに飛び込み営業することがいいのかどうか、判断できるのではないでしょうか?こういう営業では、相手にとっても、自分にとってもよい結果に結びつくとは思えないですね。

まず、お客さまの問題を解決することを考えた時、あなたの商品(サービス)は役に立ちますか?役に立つとしたら、どんな人の役に立ちますか?その相手を見据えた上であなたの商品(サービス)を紹介してあげるべきではないでしょうか?

であれば、最初にすることはなんでしょうか?なんでもかんでも構わず宣伝することではないですよね?そう、適切な相手にあなたの素晴らしい商品(サービス)を提供することです。

もしそれが、どんな人に当たるかわからない飛び込み営業ではなく、インターネット上で、適切な人を相手にできるとしたら、取り入れてみたいと思いませんか?

その方法こそがホームページ集客なのです。あなたの営業の成功の第一歩として、ぜひ取り入れて欲しいですね。


集客に特化したホームページ制作についての
お問合せ・ご相談は、こちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です