自分の商品が好きになればなるほどお客さんが来ないわけ

商品 好き

自分の商品が好きになるほどお客さんは来ない?

ちょっと考えてみましょう...

あなたの商品・サービスは最高で素晴らしいと自信を持って言えるでしょうか?

もしそう言えるとしても、商品に惚れこめば惚れこむほど、売れない罠にハマるという説があるのはご存知でしょうか?

その理由として、販売者は商品への思いやこだわりが強いため「すべてがよく見えてしまう」から、ということです。入れ込みすぎて盲目になってしまうということですね。

でも、本当にそうなのでしょうか?

逆に、あまりよい商品だと思っていない。でも売らなければならないからと、適当に扱っていたらどうですか?
本当にその商品・サービスを手に入れることで喜んでもらえるお客さんに伝わるでしょうか?

実際には、自分の商品に惚れ込むことで相手への伝わり方が違ってくるはずです。そして、自分の商品を選んだお客さんが得られるベネフィットが明確であればあるほど、熱が伝わるものです。

「これを購入したら、こんな楽しい体験が得られる」とか、

「これを手に入れたら、奥さんがものすごく喜んでくれる」とかです。

営業マンのあなた自身が心から良いと感じているから熱が入るのです。魂から伝える感じと言ったらいいのでしょうか。自分の商品・サービスが好きであるということはとっても大事な要素なのですね。

ただし、これは一方的であってはいけません。ただ売りつけるということと違うのです。あくまでも、お客さんにとってこんなにいいんだという確信があってのこと。

自分が良いと思っているだけで、それがお客さんにとっての良さでなければ完璧なひとりよがりですからね。自分が良いと思っているまま売り込んでしまうから失敗につながりやすい。だからお客さんのことをよく知る必要があるのです。

そして、ライバル商品がある場合、あなたの商品がどのように良いのか伝えなければ選んでもらえません。

でも、あからさまに他社のものを否定するのはどうでしょうか? そう言って自分の商品を高めようとしても、「どうせ自分の商品を買わせたいだけ」という風に思われて、かえってお客さんは心を閉じてしまうかもしれないです。

では、どう表現すべきなのか?

他社の商品でもきっと良いところがあるはずです。それをまず認めることです。その上で、自分の商品が他社と違うところ(優れているところ)を伝えるのです。そうすれば、きっとお客さんは、選ぶ基準を見つけることができます。

そしてお客さんは、決して他社を否定しないあなたに良い印象を持ちつつ選ぶ基準を見つけることになるのです。ですから、あなたの商品・サービスを購入してくれる確率は一段と高まるはずです。あとはお客さんの意思で決めてもらうだけですね。

ただし注意しなければならないのは、自分の商品が自分で惚れこむほど良くても、自慢話になってはいけないということです。なぜなら、人は他人の自慢話が好きでないから。

ポイントは、お客さんのベネフィットを第一に考え、売り込みにならないことです。

あなたの商品・サービスの良さを正しく受け取ってもらうためにも、気持ちよく購入してもらうことが本当に大事なことです。


集客に特化したホームページ制作についての
お問合せ・ご相談は、こちらからお気軽にどうぞ!

メルマガ登録-i
*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です