なぜ伝わらないの?

なぜ伝わらないの?

フェイスブックをなにげなく見ていたら、ある投稿に目が留まりました。その方がもらったという、クリスマスプレゼントの投稿だったのですが・・・

目に留まったのは、「これ何だろう?」と思ったから。投稿主の方が喜んでいる様子や、コメントで他の方が“興奮”している様子が伝わってきたから、さぞや凄いものなんだろうな、と。

でもそれがいったい何者なのか判らなかったので、グーグルで調べてみました。それでようやく判りました。それは、その人が趣味にしているであろうある楽器の部品でした。その業界では”ブランド”のよう
です。

面白いもので、ある人にとっては貴重なもの、手にして嬉しいものであっても、ある人にとっては、それが何であるかさえ判らないのです。これの意味することが分かりますか?

それは、自分がどんなによい商品だと思っていても、必ずしも同じように思ってくれる人ばかりではないということです。すなわち、欲しいと思っていない人に商品をただ売り込んでも、そのままでは売れないということ。逆に言えば、欲しいと思っている人に差し出してあげれば、いとも簡単に売れてしまうとも言えますよね。

ですから、もしあなたの商品が欲しいという人がいるのに売れていないなら、その人にわかりやすく伝えられていないと考えられませんか? こう考えると、まず最初にやるべきマーケティング活動は何か?見えてきますよね。

まずは、あなたが商品を売るべき相手=今欲しい人を見つけ、その方に、「あなたの欲しいものはここにあるよ」と教えてあげることですね。そのためにも、スマホ集客サイトが役に立つでしょう。

ターゲットのお客さまは分かっているけれど、どうやって伝えて集客につなげたらいいのかわからない、という場合など、その足掛かりとして、まずは無料の個別相談に申し込んでみてください。

レポート請求バナーe大手では真似できない、集客できるホームページの作り方があります。具体的なご相談はまず、こちらからお気軽にお問合せください!

区切り線*私からの情報は、No.1マーケティング実践会にて、メンバーの活動実績や得られた知識から、辰巳先生を通じてごく一部の人に公開されている「生の情報」を含んだ内容となっています。ですから、一般に出回っていない最新の情報も配信しています。このコンテンツが、あなたの今の常識に疑問を持ち、新たに認識を変えるきっかけとなることを願っています。

*コンテンツの中では、知的刺激の材料として活用いただくために、あえて誤解を招くような表現をしている場合もございます。「これは違うんじゃないか?」と疑問に思うところから、ご自身の発想・気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です