ホームページの色遣いでこんな間違いをしていませんか?

色の間違い

ホームページの色遣いでこんな間違いをしていませんか?

ATSUSHI
ホームページ制作ナビゲーターの”ATSUSHI”です。これから自社のホームページを作ろうと考えている個人事業主の方向けに、使えるホームページを作るために注意すべきポイントをお伝えしています。

早速ですが、あなたはホームページの作成において、色遣いをおろそかにしていないでしょうか?

色は、とても重要な要素です。

企業のイメージカラーとしても色は重要で、色の使い方が上手い企業や店舗は特に記憶に残りやすいですね。記憶に残りやすいということは思い出してもらいやすいのです。

例えば、机が欲しくなったけれどどこに買いに行こう?となった時に、ニトリを思い出したとしましょう。ニトリのカラー(色)ってすぐに思い浮かびませんか?

そう、緑ですよね。そしてその店舗がどこにあったかってことも、色のイメージから思い起こすこともあるんじゃないでしょうか?

それくらい、色遣いは重要なんですよね。

そしてコンビニなども色で個性が表れています。

セブンイレブンは緑のイメージ、ファミリーマートは明るい緑、ローソンは青、ミニストップは黄色、マツモトキヨシも黄色かな。わりとサッと色が思い浮かびますよね。

もし仮に、「コンビニはローソンがいい」と思っているファンがいるとしたら、車で道路を走っていて、あの青い看板を探すことで見つけることもあるでしょう。

だから、あなたのビジネスでも色遣いは適当に決めるのではなく、よく考えて使った方がよいと思います。

そして、ホームページで色を使う際も同じことが言えます。

例えば病院や歯医者さんのホームページ。もし赤がメインになっていたらどうですか? 

鬱の人が病院を探していて真っ赤なページが出てきたらどうでしょうか? 気持ちが沈んでいる人に、「もっと頑張れ」といっているように思えませんか?

そのような場合、すぐにそのサイトから退散したくなると思いますよね。このような病院系の場合、ブルー系の色が落ち着くと思いますが、どうでしょうか?

ここに乗せた写真のサイトなどは、病院系で、患者さんの思いに寄り添った色遣いのサイトですね。

ホームページ 色

反対に、健康で元気な人向けの飲食店などは、暖色系が良いですよね。場合によっては赤も食欲をそそると思いますし。

例えば温かい食事を提供している飲食店が、ブルー系の色を使っていたらどうでしょうか? 冷たい印象をもたれてしまいませんか? 

「温かいものを食べたいな」と思ってネットで飲食店を探してきた人なら、、このような色遣いのサイトを避けてしまうでしょう。ページを開けたとたん、「これ違う」と瞬間的に判断して逃げていってしまいますね。

これくらい色が人に与える影響は大きいものです。ですから色遣いはちゃんと考えた方がよいと思います。

ホームページでは色の選択ミスが命取りになるかもしれません。

気を付けましょう!

 

メルマガ登録

【一番やさしいホームページ制作相談所】では、余計な費用をかけずに簡単に作れる WordPressを使った 「使えるホームページ制作」を 分かりやすくお伝えしています。

*ここでの情報は、私の師匠でもあるマーケティングコーチの辰巳さんから日々受けている、その時点で最新の情報を含めた内容を私がまとめ公開しています。この情報があなたにとって新たな気付きとなることを願っています。