インターネットからの集客に効果的なアメブロの活用法とは?

インターネット集客にアメブロが向いていない理由

インターネット集客のメインメディアとしてアメブロは向いているのか?

WP立ち上げサポーター ATSUSHI
個人事業においてもインターネットからの集客が必須の時代です。前回に引き続きインターネットからの集客に適したメディアについて考えてみましょう。

現在は、多くの人がインターネットを通じて情報を得る時代になっています。ですから、私たち個人事業家にとってもインターネットの活用を避けては通れない時代になっています。

そんな時代に個人事業家が「これから始めてインターネットからの集客を成功させる方法」について書いていきたいと思います。

そして今回は、「アメブロはインターネット集客のメインメディアとして向いているのか?」というテーマで話したいと思います。

この記事を読んでいただくことで、あなたはなぜ、アメブロだけに頼った集客は避けたほうがいいのかがわかります。そして、アメブロを活用するとしたらどのような方法があるのか?についてひとつの考え方を得ることができると思います。

そして、治療院・サロン経営などの個人事業家が、これからインターネットで集客するために力を入れるべき方向性について理解することができるでしょう。

アメブロとは

アメーバブログ(Ameba Blog)の略称。アメブロは、サイバーエージェントが提供するレンタルブログサービスである。各種調査によると、日本で第1位の規模のブログサービスである。(Wikipediaより抜粋)

「Ameba」が2018年9月15日(土)でサービス開始から14年を迎え、会員数が6,200万人を突破、「Amebaブログ」の累計記事投稿数は24億件超となった。(サイバーエージェントのHPより抜粋)

アメブロをインターネット集客のメインメディアとしてお勧めしない理由

僕の考えでは、インターネットからの継続的な集客を考えたときにアメブロをメインに据えるのはお勧めできません。以下にアメブロのメリット・デメリットを挙げてみます。

アメブロのメリット・デメリット

アメブロを使うメリット

  • 無料で使える(初期費用・維持費がかからない)
  • 初心者でも手軽に始められ、わりと簡単にできる
  • ブログ開設直後は、ワードプレスに比べてSEOが強い場合がある
  • SNSのようにコミュニティーがあるからユーザー同士のつながりができる

など。

アメブロは、SNSの要素を兼ね備えたブログです。交流サイトに近いので、アメブロを見ている人には届きやすいと考えられます。ファンになってもらったら有効なメディアではないかと思います。

アメブロを使うデメリット

  • 勝手にブログを削除される危険性がある
  • 運営会社の都合でブログサービスが終了する可能性がある
  • 無料のまま使う場合、勝手に広告が入ってしまう
  • カスタマイズには限界がある
  • SEO(検索結果)が他のブログなどの影響を受けるため安定しない
  • メンテナンスなどで、自分のタイミングで利用できない場合がある

このように、アメブロ(他の無料ブログも)は、メリットに対して案外デメリットが多いことに気付くのではないでしょうか?

実際にアメブロでは、突然アカウントを消されてしまった(サイトがなくなった)例がありますし、僕自身も投稿した記事が消されてしまった経験があります。

自分ではさほど問題があるような記述をしているつもりはなくても、こういうことが起こります。アメブロの規約に触れたということなのでしょうがインターネットでビジネスをしている場合、これは大きな痛手です。

また、無料のまま使用する場合は広告が入ります。このため、サイトへの訪問者も広告に流れていってしまう危険性をはらんでいます。

せっかく記事を読んでもらっているのに、読者は興味の強い広告に惹かれてあなたのサイトを退出してしまう可能性が出てしまいます。

最大のリスクは、ブログ運営会社がサービスを打ち切ったらそこで「アウト」です。せっかく日々更新を続けても、その努力が簡単にフイにされてしまうことが起こり得るということです。

自分の大切なコンテンツを他人によって簡単に失うリスクというのは何とも耐え難いと思います。

ですから、これからインターネットで集客を考える場合には、アメブロをメインのメディアにするのはお勧めできません。

無料ブログはSNS同様に、管理会社が運営するシステムに乗っかっているだけというのが最大のリスクだと思います。

ですから、アメブロをメインの集客メディアにするのは避けておいたほうがよいといえるのです。

アメブロをメインの集客メディアにすべきでないポイント3つ

アメブロをメインの媒体にすべきでない特に重要なポイントは、以下の3つです。

ポイント1:勝手に記事やブログ自体を削除される危険性がある
ポイント2:ブログサービスが運営会社の都合で終了する可能性がある
ポイント3:SEO(検索結果)が安定しない

つまり自分所有のサイトとして資産化できないことが大きなデメリットです。

アメブロの特徴まとめ

アメブロは情報が蓄積されるストック型メディアでありながら、その維持にはリスクがあり、自分所有の資産としての価値を保つことが保証できないといえます。

気軽に始められ、コストがかからない代わりに様々なデメリットがついてまわります。

もちろん、日記の代わりに使いたいなど、ビジネスとは切り離して考えた場合は面白いメディアだと思います。

しかし、本当にコンテンツを見てもらいたいインターネットユーザーに伝わっているのかといえば、そうなりにくいのは事実です。

このように、会員サイト型ブログであるアメブロの特徴として、その情報を必要としているユーザーに肝心なタイミングで見てもらえる確率が低いことがあります。

また、アメブロは独自のサイトではなく、管理会社が運営するシステムに乗っかっているだけというのが最大のリスクだと思います。

ですから、アメブロはこれらの特徴を踏まえた上で活用することが大切です。

インターネット集客にアメブロは使えないのか?

では、メインの集客媒体として適さないからといってアメブロは集客に使えないのか? まだまだ一定の業種においては使える道は残していると思います。アメブロをSNSとして考えたとき、そこからの流入は侮れません。一定のアクセスやファンがいるならば、集客の入り口としての活用する方法は有効といえるでしょう。

アメブロを集客用メディアとして使う場合には、このような点を踏まえ活用してほしいものです。

この記事のまとめ

以上のことから、ンターネットでサービスを提供する場合、会員サイト型メディアであるアメブロメインにする集客用メディアとして適さないと言えます。

そしてもしアメブロを利用するなら、独自サイトであるワードプレスとの連携を図るなど、常にサイトを見てもらいたいユーザーがどこにいるのかを意識するということを念頭に運営していく必要があります。

そして集客用に適切なメディアを適切に使用することが、ビジネスを末永く繁栄させるポイントといえます。

<<自分だけのサイトをつくるワードプレス講座はこちら>>

1DAYレッスン詳細