プロフィール

運営者プロフィール

プロフィール当ホームページ運営者である、ホームページ制作ナビゲーターの磯部敦史です。

ところで、なぜ僕がホームページの制作をナビゲートするのか。
そして、なぜ治療院のサイトを中心に作っているのか?
そこをお話したいと思います。

僕は20歳の時父親を亡くしました。
その経緯が自分にとっては大きく衝撃的なことでした。

それまで一般の会社に勤めていた父でしたが、ある時期より腰痛を発症し、足のしびれにも悩まされていました。
そして勤めていた会社の上司から、特定の病院を勧められました。

父はその勧めに従ってその病院を受診し診断を受けました。
その結果、病名は「椎間板ヘルニア」とのことでした。
そして手術をしなければ治らないという診断でした。

しかしそれが後に僕や家族にとって最悪の結果を招いたんです。

というのは、その病院で手術を受けた父親は他の病気を併発し、その後治療の甲斐なく命を落としました。
その時はお医者さんを恨みました。
診断がおかしかったのではないかと思ったからです。

でも今になって思うのは、もっと情報源を持っていれば、違った治療法で治すことができたかもしれないということです。

事実、それ以降僕はいろんな治療家さんに聞いてみました。

「椎間板ヘルニアっていうのは手術しなくても治療できるんですか?」と。

ほとんどの治療家さんの答えは、「手術しなくても改善できる可能性はあります」という答えでした。

僕は愕然としました。

「そうか、手術だけが答えではなかったんだな」

その時自分がそういった情報を見つける知識や方法を持っていれば、父親は助かったかもしれない。
そう考えた僕は、そのような治療ができる治療家さんを応援したいと思うようになりました。

父親と同じような病気を抱えて悩んでいる方は大勢いると思います。
その方たちが全く同じ運命をたどるとは思いません。

しかしこういった不幸な結果を招かないために、いろんな選択肢から最良の治療を選び出すことができるようになる、それが大事だと思いました。

その手段として、そのツールとして、ホームページというのは今の時代に必須のものだと思います。
困ったときに検索すれば、良い情報が得られることに繋がりますから。

良い治療をしている治療家さんが検索によって見つかりやすい状況にあるというのは患者さんにとってはとても重要なことです。
そのために、治療家さんが自分でちゃんと見てもらえるホームページを作れるということに関して必要性を強く感じています。

ですから、治療家さんには患者さんのためにも「分かりやすいホームページ」を作っていただきたいと切に思います。

そして、治療家さんのみならず、個人で事業をされている方にとって、ホームページは必須の集客ツールであると思います。

ホームページは、運営者側にとっても使用者側にとっても、大事なことを繋ぐ大切な役割を担っています。

個人事業主が分かりやすいホームページを作り運営していくことは、自らの繁栄につながります。それと同時に、有用なホームページは、使用者側にとっても様々な悩みを解決する糸口となる重要なツールだと思っています。

ですから、個人事業主に、分かりやすいホームページを運営するスキルをつけていただくために、この活動を続けていきたいと思います。

[追記]
この活動は、妻の協力があってこそのものです。子ども二人を育てながら、また、年老いた母親と暮らしながら、文句を言わずにずっと、僕を支えてくれています。とても感謝しています。

トータルバランス・マーケティング
静岡で一番やさしいホームページ制作相談所(世話人)
ホームページ制作ナビゲーター 磯部敦史(ATSUSHI)

お問い合わせ